医院ブログ|阪神西宮駅にある歯医者「あかつき歯科医院」

医院ブログ

あかつき歯科医院
あかつき歯科医院
あかつき歯科医院
  • 2022/08/02
  • 歯科コラム

セラミックで天然歯に近い歯に! 特徴や費用をご紹介


西宮市の歯医者さん、あかつき歯科医院です。
むし歯などが原因で詰め物や被せ物をすることになってしまった場合、治療したところが目立たないかどうかということを気にされる方は多いと思います。
特に人から見える場所の場合は、銀歯ではなく白い歯で治したいと思われるでしょう。
白い歯での治療には、ご自分の天然の歯に近い自然な形で治せる「セラミック」というものがあります。

ではセラミックとはどのようなものなのでしょうか。
ここではセラミックについて詳しくお話していきます。


白い歯のセラミックとは?



白い歯のセラミックとは、どのようなものなのでしょうか。
セラミックとは、簡単にいうとお茶碗などと同じで陶器という素材でできたものです。
天然の歯と同じように透明感があり、変色しないというメリットがあります。



セラミックの詰め物・被せものにする人が増えています


近年、セラミックの詰め物や被せ物を選ぶ方が増えていらっしゃいます。
一昔前は、気になってはいても簡単には選ぶ方は少なかったようなイメージですが、現在はセラミックを選ばれる方が多くなってきています。



銀歯からセラミックへ

「銀歯が入っている所を白い詰め物に変えて目立たないようにしたい」という場合です。
今入っている銀歯を取り除いて、新しくセラミックのものに変えることができます。

〇セラミックインレーへ

インレーとは、詰め物のことを言います。
従来の健康保険の適応では、歯の噛む面や隣合う面を含む虫歯の場合、銀歯のインレーと呼ばれる詰め物で治療することが一般的でした。
そちらをセラミックでできた「セラミックインレー」に変えることによって、治療したところを目立たなくすることが可能です。

しかし状況によってはセラミックインレーでの治療が適さないこともあります。
もし銀歯が気になっている場合は、一度かかりつけの歯科医院で白い歯にしたいということを伝え、相談してみましょう。

〇セラミッククラウンへ


クラウンとは、被せ物のことです。
歯全体を覆う形で被せ物が必要な場合に行います。


保険の白い歯からセラミックへ

条件に当てはまれば、健康保険の適応内でも白い歯で治療することが可能です。
以前は前歯のみの適応でしたが、現在は条件に合えば奥歯にも使えるようになっています。
これらはセラミックではなく、レジン(合成樹脂)と呼ばれるプラスチックの素材やレジンとセラミックを合わせた素材を使っています。
安価で済むというメリットがありますが、経年により黄色く変色してしまうというデメリットもあります。

しかし、このような変化はセラミックではほぼ起きません。
一度保険の白い歯を入れたものの色の変化が気になり、セラミックのクラウン(被せ物)に作り直す方もいらっしゃいます。

初めからセラミックを選択

詰め物や被せ物をする必要がある場合、初めからセラミックを選択される方もいらっしゃいます。
健康保険適応の物と比べると費用はかかりますが、黄ばみなどの心配はなく、色味も自然できれいです。


他の白い歯とセラミックの違い


セラミックと他の白い歯との違いとは何でしょうか。
健康保険で使われる白い歯は、ハイブリッドと呼ばれるレジン(合成樹脂)とセラミックを合わせて作られた素材です。
これはレジンを含むため、自費治療によるセラミックと比べて強度が劣ります。
また先にお伝えした通り、レジンには吸水性があるため経年により黄ばんでしまうという性質があります。

こうした問題は、セラミックが解決してくれることが多いでしょう。
セラミックはレジンよりも強度があり、天然歯のように透明感があるため自然な印象を与えます。
長年使っても、セラミックの部分は変色することもありません。



セラミックのデメリット


ここまでセラミックのメリットを多くお話してきましたが、デメリットは一体何でしょうか。
セラミックは陶材ほどの硬さのため、金属と比べると割れやすいというデメリットがあります。
噛む力が強くかかる部分など、使っているうちに一部が欠けてしまったりすることもあるのです。
とはいえ現在は強度を高めたセラミックというものも出てきていますし、割れやすいお口の環境かどうかなどは一人ひとり違います。


セラミックの種類と費用



セラミックにも様々な種類があります。
現在行われているセラミック治療では、主に次のようなものがあります。

1)オールセラミック

材質の全てにセラミックを用いたもので、詰め物や被せ物に利用されます。
経年による変色はほぼなく、天然歯のような透明感が特徴です。
表面がツルツルして歯垢が付きにくいというメリットもあります。
費用は歯科医院によって異なりますが、大体​​インレー(詰め物)は約6~8万円、クラウン(被せ物)は約8~22万円ほどです。​​

2)ハイブリッドセラミック

レジンと呼ばれる合成樹脂(プラスチック)と、セラミックを混合したもので作られており、こちらも詰め物や被せ物に用いられます。
プラスチックが含まれているためオールセラミックに比べ強度は劣り、変色しやすいというデメリットもありますが、費用が抑えられます。
費用は​​詰め物が約3万円、被せ物が約4~8万円(保険適用で約1万円)ほどです。​​

3)メタルボンド

透明感はオールセラミックほどではありませんが、セラミックの変色せず綺麗な色を保てるというメリットはそのままに、欠けやすいという点を内側に金属を用いることでカバーしたものです。
こちらは被せ物に用いられます。
費用は約8〜15万ほどになります。

4)ジルコニアセラミック

メタルボンドは内側に金属が使われているが故に、長い時間が経過し歯茎が痩せてきてしまったりすると、内側の金属が歯茎の境目から見えてきてしまうという欠点がありました。
そのようなことがなく、強度もあるという素材がジルコニアを内側に用いたジルコニアセラミックです。
奥歯の噛む面など強い力がかかる部分にも利用でき、人工ダイヤモンドとも言われています。
こちらは詰め物や被せ物に使われ、費用は詰め物が約4~6万円、被せ物が約10~20万円ほどです。
費用は一番高価になりますが、見た目と強度の面では一番メリットが多いと言えます。

いずれにしてもどの種類を選択するのかはかかりつけの歯科医院で良くご相談の上、決められることをお勧めします。
それぞれメリット・デメリットがあるのは勿論、噛む力や治療する場所によって何が最適かも異なります。
治療を始める前に歯医者さんでしっかり相談してから、ご希望に合うものを選ばれると良いでしょう。


あかつき歯科医院ではセラミックの選択肢もご用意しています。



西宮市にあるあかつき歯科医院では、セラミック治療を行うことが可能です。
またセラミックの種類も複数ご用意しているため、よりご自分の希望に合ったものを選ぶことができるでしょう。

セラミック治療をご検討されている場合は、それぞれのメリット・デメリットはもちろん、お一人おひとりのご希望やお口の状態に合わせた最適な方法をご提案することもできます。
セラミック治療が気になる方やお考えの方は、どうぞお気軽にあかつき歯科医院までご相談ください。

この記事の担当者
院長荒木 暁

Access mapアクセスマップ

Consultation time診療時間

診療カレンダーをみる

09:30-13:00 ○ ○ ○ x ○ ○ ○
15:00-20:00 ○ ○ ○ x ○ △ △
  • ※土曜・日曜診療(△)は、18:00まで診療します。
  • ※当医院は予約制となっております。
あかつき歯科医院

〒662-0927
兵庫県西宮市久保町12-19-102

  • 阪神西宮駅よりバス乗車4分、バス停「交通公園前」徒歩3分
  • 阪神西宮駅より徒歩16分、車で5分
  • 駐車場:4台完備

TEL 0798-32-1178