医院ブログ|阪神西宮駅にある歯医者「あかつき歯科医院」

医院ブログ

あかつき歯科医院
あかつき歯科医院
あかつき歯科医院
  • 2022/07/10
  • 歯科コラム

金属アレルギーでもインプラント治療は可能か?

「金属アレルギーだけど、インプラントはできるの?」と気になってはいませんか?
結論から申し上げると、金属アレルギーであってもインプラント治療を受けることは可能です。
メーカーによって含まれる金属の量が微妙に異なるため、まずは歯科医院での確認が必要といえるでしょう。

西宮市の歯医者、あかつき歯科医院では、アレルギー反応がでにくいインプラントを取り扱っております。
インプラントにどのような金属が使われているのか、安全に治療を受けるためのヒントもあわせてご紹介します。

インプラントに使用される金属



顎骨内に埋めるインプラント体には、主に生体親和性のあるチタン、もしくはチタン合金が使われています。
ペースメーカーや人工関節にも用いられる素材で、アレルギー反応が出る可能性は低いといえますが、人工物である以上絶対にアレルギー反応が起こらないわけではありません。
純チタンという金属を含まない素材も存在しますが、インプラント体を作るには難しく、純チタンであっても多少の混合物は含まれています。
メーカーによっても純度が異なるため、その見極めが大切です。

アレルギーを起こしやすい金属



歯科治療では、チタンやチタン合金以外にもさまざまな金属が使われています。
保険治療ではニッケル、コバルト、パラジウム、銀、銅などがあり、それらは「アレルギーを起こしやすい金属」に分類されるため、金属アレルギーの方にはおすすめしておりません。
金属成分が溶けだしやすい物=アレルギー反応を起こしやすい金属と覚えておきましょう。

インプラントと金属アレルギーの関係性



純度の高いインプラントを使えば、金属アレルギーの方でも治療が受けられる可能性は高いといえます。
どのくらいの量に反応するかは人によって違うため、「絶対に大丈夫」や「絶対にダメ」というわけではありません。
インプラントは、ブリッジや入れ歯などの他の治療よりもアレルギー反応がでにくい金属を使用していますが、メーカーによっても違いがあるため、事前に歯科医院へ確認することが大切です。

心配な方は事前にパッチテストや採血検査を



「金属アレルギーかどうか分からない」「どのくらい反応するか不安」という方には、事前のパッチテストや採血検査がおすすめです。
両方とも皮膚科で受けることができます。
料金は別途かかりますが、安心して治療を受けるには最適な方法といえるでしょう。
歯科治療でよく使われるチタンやパラジウム、ニッケル、第二水銀などをお調べください。

当院で使用しているインプラントメーカー

当院では、ストローマンインプラントを使用しています。
ストローマンは、世界シェアトップクラスのインプラントメーカーで、グレード純チタンの他に、ジルコニア15%チタン85%の強度が強くてアレルギー反応が起こりにくい商品も存在します。
ストローマンインプラントによるアレルギー反応はほとんどないため、過度な心配はあまり必要ないといえます。

金属アレルギーの方でインプラント治療をご希望の方は、まずは一度ご相談ください。



この記事の担当者
院長荒木 暁

Access mapアクセスマップ

Consultation time診療時間

診療カレンダーをみる

09:30-13:00 ○ ○ ○ x ○ ○ ○
15:00-20:00 ○ ○ ○ x ○ △ △
  • ※土曜・日曜診療(△)は、18:00まで診療します。
  • ※当医院は予約制となっております。
あかつき歯科医院

〒662-0927
兵庫県西宮市久保町12-19-102

  • 阪神西宮駅よりバス乗車4分、バス停「交通公園前」徒歩3分
  • 阪神西宮駅より徒歩16分、車で5分
  • 駐車場:4台完備

TEL 0798-32-1178